スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
食の好み
コウメとセリの夕飯はなるべく生肉で

がんばっています。

しばらくの間、狂牛病やら産地偽装やらの問題で

牛肉を敬遠してきましたが

先日久しぶりに出してみました。

牛ヒレ肉。オーストラリア産。

かたまりだったので、フードプロセッサーで細かくしました。

写真はナシです悪しからず…。

帰りが遅くなってしまった日だったので

コウメはおなかが空いていたらしく

バクバク食べてくれたのですが

セリのほうは、ニオイは嗅ぐけどまったく口をつけてくれず…。

食い意地が張っている食欲旺盛なセリが口をつけないというのは滅多にありません。

なんというか、食わず嫌いというよりは

食べ物として認識していないような感じに見えました。

「猫は、子供の頃に食べたものを終生好んで食べるようになる」

と言われています。

この「子供の頃」というのが

生後2~3ヶ月なのか

生後2~3年なのか

が不明でしたが、どうも

「ごくごく幼少期」のことなのかもな~と

思った次第です。

コウメがちびっこの頃は、確か牛肉もローテーションで

万遍なく食べていたので、コウメにとっては久しぶりの

懐かしい味だったかな?

セリはコウメが食べ残した一片を少し舐めてたのですが

結局食べることはしませんでした。

これから先も牛肉は食べないのか、というのが

疑問ですので、引き続き挑戦はしていきたいです。


Zzzz...

ぎうにく…むにゃむにゃ…もっとぅ…



↓衝撃的なセリの寝顔。

こ、こわい…

せ、セリは、おさかなの缶詰のが、しゅき…



いつもありがとうございます。(ぺこり)

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村

励みになっております。。

スポンサーサイト

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2012/07/05 19:48] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<生肉をあげる理由 | ホーム | お口のニオイその後>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://nekoyomogi.blog.fc2.com/tb.php/78-66e51ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。