スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
抗生物質と下痢
かなり間があいてしまいました。

コウメもセリも元気です。

さて、セリの手術の記事ではサラッと書いてしまった

術後の抗生物質によるものと思われる下痢についてちょこっと。

術後4日目にして、朝からゆるい便だったものの

夜になったらそれはそれは大変な下痢になってしまいました。

うんぴはトイレに留まらず、

「どうしたらこんなとこにうんぴが付くの…?」

「ゆるいうんぴを出しながら走り回ったの…?」

と思えるほど、床にも壁にもそこら中にうんぴが撒き散らされている状態でした。

もともとセリはおなかがゆるくなりやすい体質のようです。

あと、粗相とまではいかないのですが、うんぴがトイレから

はみ出ていることも結構あったりして。

今は亡き犬のモモちゃんも、晩年はうんぴをしながら歩きまわり

更にそれを踏んづけて被害が拡大するということはよくあったので

散らかったセリのうんぴを片付けながら、どこか懐かしさを感じていました(ホロリ)

コウメはどちらかというと便秘体質なので

モモちゃんが亡くなってからは、こういったことは一切なくなっていたため

懐かしさひとしおでしたわ。。

セリは元気そうに走り回っていたので

下痢は抗生物質のせいだろうなーとうすうす思いつつ

次の日の朝に病院へ。

(ぐったりして食欲がなくなってたらすぐ病院へ連絡したほうがよいです)

病院ではやはり抗生物質のせいだろうということで

下痢止めのお薬2種類と、ヒルズのW/Dの試供品をもらいました。

病院に行った日の昼間はうんぴを出さなかったので

お薬も様子を見ていたのですが

夜になったらまた下痢だったので、夕飯にお薬を混ぜました。

ヒルズの処方食も、今までだったら絶対にあげてなかったのですが

試供品一袋分だけ、あげみました。

「処方食」「療法食」というのは、原材料が粗悪な場合が多く

長期的に与えるのは躊躇しますが、一日だけ、とか

一食だけ、とかならもう問題ナシ、とみなすことにしました(^^;

むーだけど一応原材料チェック…

一番最初に「米」って書いてあるけどこの米は私たちが普段食べているような「米」ではなくてきっとカビ米とかとにかく人間用としては流通させられないような米がきっと使われてるはずで…

とカオスにハマリこんでしまう悪いクセが出てしまうので

原材料チェックもほどほどにしてやめました。

フードのニオイはいいニオイでしたよ。


よく、フードには、うんぴをカタチづくるための成分が

入っていると聞いていました。

何のためかってソレは「人間が片付けやすくするため」以外の

なにものでもありません。

お外で生活していた頃は不要だったのでしょうが

人間と一緒に室内で暮らすようになったがために、

人間の片付けの楽さのために犬や猫のうんぴに手を加える(?)なんて!

と、長いこと思ってきていたのですが、

ゆるいうんぴしながら走り回るセリのような子と暮らしてみて

「あー…うん、そういうものもあってもいいかもね…」(白目)

と思い始めている私でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村「コウメは便秘体質だから下痢止めなんか飲んだことないわよー」


でも、カタチはちゃんとしててもニオイが下痢っぽいニオイだったりすると

下痢としてドバーッと出せたらすっきりするのかもな~などと思ったりもして

それはそれでやっぱり不自然なものも感じてしまうのでした。



いずれにせよ、うんぴやおしっこの色、ニオイ、量、形状などは

体の状態を知る貴重な手がかりなので

こまめにチェックチェックな日々なのでした

スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

[2012/06/29 20:26] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<お口のニオイその後 | ホーム | 大往生したけりゃ医療と関わるな>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://nekoyomogi.blog.fc2.com/tb.php/71-80a7f6bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。