スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
今までのコト その十~家族のコト
  里親話が流れてから今までのコト その一☆ その二☆  その三☆ その四☆ その五☆

   今までのコト その六 その七 その八 その九




セリのことで悩んでいるときに

更に私を追い詰めたもの…それは

ほかならぬ「家族」でした。

同居している人間の家族は父だけなのですが

この父がセリの暴れっぷりを見るにつけ

「もうこの子は外に出そう」

「この子は外で飼おう」

「もう放してやろう」

等々、言葉を変えつつ同じことを何度も繰り返すのです。

そのたびに私は

「それはできない」

と伝えるのですが、ほぼ毎日のように

繰り広げられていた会話はこんな感じでした。



父「もうこの子は外で…」

私「今 外に出しても自分でごはん獲れないでしょ」

父「えさだけは外においておけばいい」

私「雨風はしのげないでしょう」

父「犬小屋でも置けばいい」

私「妊娠したらどうすんの」

父「うちで飼えばいいじゃないか。がははは」

私「なんでそんな無責任なことが言えるの」

父「だっておもしろそうじゃないか。がはははは」

私「おもしろいってどういうことよ!ばっかじゃないの!」



大体がこの父というやつは

いつも思いついたことを何の考えもなしに

パッパッと喋って

自分の言ったことも相手から言われたことも

その場限りでほぼ忘れてしまうという

なんともうらやましい性格の持ち主なのです。

「もっとこうすればいい、ああすればいい」

と言うだけは言うけど自分では何もしません。

今は亡きモモの介護のときもかなりコイツに苦しめられました。

猫同士、犬同士、先住の子と新参の子の相性が多少悪くても

家族で協力して事に取り組めるような環境なら

それほど苦に感じることもないのかもしれないな~と思います。


ちなみに先ほどの会話には大体こんな続きがあります。


父「じゃあどうすんの!」

私「どうすんのって言うな!」

父「どうすんのどうすんの」

私「一生懸命考えてんでしょうが!」

父「いつまで考えんの」

私「何もしない人は口出ししてこないでください(怒)」

父「何にもって…お父さんかわいがってるでしょう…」

私「たま~に自分の部屋から出てきて

  寝ているコウメを起こすのがかわいがってるってことですか!

  セリに至ってはお父さんの姿みると逃げ回るでしょうがっ!」


ここらへんで大体父がフェードアウト…

都合が悪くなると逃げるのです。

そして次の日にまた同じ会話が繰り返されます。

頭もおかしくなるっていうもんです。

父と私、それこそ相性が悪いのです。



もしかしたら、家族関係が良好な家庭では

そもそも、先住の子と新参の子の相性が…

なんて問題は起こらないのかもしれませんね。。。



「その一」でセリの里親探しに踏み切った理由の一つとして

「環境を変える」という言葉を使いましたが

父と離れて暮らすことを考えていたのです。

部屋探しをぼちぼち始めていた矢先に

セリを拾い、今に至っているわけですが

一人暮らしになって里親探しを続行するとなると

セリは多分ずっとケージに入れておくことに

なってしまうと思うし

何より今は部屋探しや引越しのような

体力のいる作業に向かう気力がありません。


ここは一つ頭を切り替えて…

臨機応変にやっていこうと思ってます。



動物たちは、時として

家庭内の問題を浮き彫りにしてくれます。

それは悪いことばかりではなくて

いろいろなことを教えてくれる役割を

担ってくれているのでしょう。



私はコウメにはただひたすら

そばにいてくれるだけでいい

と思っているのですが

もしかしたら

背負わなくていいものを

背負わせてしまっているのかもしれないと

申し訳なく思うことがあります。


何の問題もない家族なんてないとは思いますがね^^


自分の中で、「大切なこと・もの」が

明確になっていればいいのかなー

誰にナニを言われようとも、

という気が最近しています。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが

「今までのコト」シリーズ(?)も

今回でひとまずおしまいにします。

お付き合いくださった皆様

ありがとうございました。


スポンサーサイト
[2012/04/07 16:16] | | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
<<唐突ですが発表します | ホーム | 今までのコト その九>>
コメント:
あまりにも実家の父親にそっくりで
驚きました。
そうなんです、その場限りで思いつきで
喋る、、、あとは丸投げ(^^:)

付き合いきれないです^^:
うちは、実家が近く母親に介護が必要に
なってきたので、またそれで揉めてます。

一度家に入れたネコを外に出すなんて
考えられないですよね、、、父親との
付き合い方に、ついて腹立てながら
悩む娘、ここにもいまますよ~~
[2012/04/08 15:27] URL | もねのかぎしっぽ #-[ 編集] | page top↑
もねのかぎしっぽさん

わ~同じですか!
なんでしょうね、「父」という生き物は大体こんな感じなのでしょうか。。
それとも年代的に共通の性格みたいなものでもあるんでしょうかねぇ。

本当ですよ…ずっと外で暮らしてきた子ならともかく、ナニを今更って感じです。。

悩ましいですね。
向こうは向こうは「ほんとに娘ってやつぁ」とか思ってるのかもしれませんが(^^;
血のつながった人とは簡単に縁が切れないのでますますややこしいです。。

いつもありがとうございます☆
[2012/04/08 19:49] URL | ヨモギ #-[ 編集] | page top↑
じっくり読ませていただきました。
すごく参考になったり、共感したり・・・。

わたしも、新入りネコのすみに対しては
うまく対応しきれない部分が多々あったと思います。
先住のジジがいい子の見本(笑)のような子で
しかもそれが初めてのネコだったもので
ネコとはそんな生き物だ(笑)くらいに思っちゃって。

でも、新入りはヤンチャの権化のようなネコで
そのもろもろのあまりのギャップに、怒ったり凹んだり。
(わたしと)相性が悪いのかなぁと真剣に悩んだりもしました。

真面目すぎる、考えすぎると同居人からも何度も言われ
でも真面目に考えないとダメじゃん!と喧嘩もし。
でもそれがネコたちを苦しめてる、ストレスの元になってる、
と遅まきながら最近やっと自覚したところです。

それぞれの個性があって、それぞれいいとか悪いとかじゃない、
言うのは簡単ですが、たったそれだけを認めることが
どれだけ難しいことか・・・。
わたしもまだまだ勉強中、修行中です。

コウメちゃんとセリちゃんの関係性も
これから少しずつ変化していくと思います。
ヨモギさんの思い(想い)も、
きっと敏感にキャッチしてくれてるんじゃないかな?
[2012/04/09 13:37] URL | ママA・ぐみ #aEmTB4nk[ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
ママA ぐみさん

ありがとうございます。

ジジちゃんとすみちゃん、コウメとセリ…共通点たくさんありそうですよね。
人間でも、長男長女と末っ子とでは全然性格違うと言いますが
我が家もコウメがかなり賢い子で、私にとっては初めての猫で
それまで犬ばかりだったので
「猫ってこうなんだ~」と、コウメを猫の代表みたいに捉えてましたよ(^^

ぐみさんも「わたしと相性悪いのかな」って思われてたんですね!
こんなこと考えてるの自分だけかな…って落ち込んでたので
なんだか励まされました!

そうそう、家族の不和はそのまま同居動物たちのストレスに
つながったりしがちですよね。
頭では分かってるのですが、なかなか感情は抑えることができず…

でもね、10年くらい前は物を投げあうようなケンカをしてたのですが
最近は言葉だけなので、お互い(父と私)オトナになったな~なんて
思わなくもなかったりして(笑)

私もコウメとセリのあまりのギャップに
比べても意味のないことって分かりながらも
ついつい比べてしまいがちです。

賢いお姉さんと比べられたら、下の子はひねくれちゃいますよね…。

私、全然ニンゲンができてないなーと
自分の嫌な部分をこれでもかとセリにむき出しにされてる気分です。。

ホント、修行、勉強の連続ですね!

明日も修行、がんばります!
[2012/04/09 23:14] URL | ヨモギ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://nekoyomogi.blog.fc2.com/tb.php/53-e4921283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。