スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
今までのコト その四~性格比較あれこれ
長いのでタイトル短くしました。

 里親話が流れてから今までのコト その一☆ その二☆  その三☆

の続きになります。




コウメを拾ったとき、うちには14歳のモモがいました。

コウメは生後3~4週目と診断されました。

最初の5日間くらいは

モモは犬ということで本能的に警戒していたコウメでしたが

モモが何もしてこない安全な存在と分かると

途端に強気になって、モモの嫌がることなども

するようになってしまいました。

モモは初めて見る小さな生き物を

最初は無視していましたが

(この無視というのは実はモモなりの受け入れ表明だったのかも?)

この生き物が強気で自分に向かってくるとなると

どうしていいのか分からず逃げるだけになってしまいました。

そこで、モモには「NO!」と言えるよう

きちんと自分の感情を表現できるよう

フラワーエッセンスを飲んでもらうと共に

コウメには

「いいかい、この家で一番えらいのはモモちゃんだ。

 モモちゃんに受け入れてもらえなかったら

 この家では暮らしていけない。

 私やお父さんはどうでもいいから

 モモちゃんには仲間と認めてもらわなきゃいけないよ。

 (…でもどんなあなたでも私は好きだよーーー!)」

と言い聞かせておりましたところ

コウメはその言いつけをしっかりと守り

モモも、されて嫌なことは嫌、と自分で言えるようになったので

コウメも「ここからはしちゃいけないライン」が分かり

二週間ほどで

ひたすら モモちゃんラブ  な子になっていったのでした。

コウメはとっても賢い子なのだと思います。

うちに来た初日から、かわいいかわいい声でおしゃべりをして

まあるいお尻をぷりぷりさせて好奇心旺盛で

その愛おしさは日を重ねるごとにふくらんでいって

私はもう完璧に魂を奪われてます。。

お母さん代わりだった(?)モモに似て

ビビリ 繊細で敏感、情に厚く思慮深く

毎朝寝起きの悪い私をほっぺにチュで起こしてくれる

とってもとっても優しい子なのです。

(私以外の家族にはいまだに懐いていない面もまた愛おし…)



一方のセリはというと

よく言えば、遊び好きでおしゃべり。

本当は、暴れん坊でいつも鳴いてるので実はウルサイ…。

声はかわいいのですが、常ににゃあにょあ言っているので

「あーはいはい」

と受け流すことも多々。



コウメにしたときと同じように

「この家で一番大切なのはコウメちゃんだ。

 コウメちゃんに受け入れてもらえなかったら

 この家にはいられないんだよ。

 だからコウメちゃんの言うことをちゃんと聞いて

 コウメちゃんが嫌がるようなことはしちゃいけないよ。」

と何度も何度も何日も何週間も

ずーーーーーーっと言い聞かせているというのに

一向に態度が改まりません。


コウメに叱られても叱られても

全く同じことを毎日繰り返しているので

なんておばかな子なんだろう…とあきれることもしばしば。


アニマルコミュニケーターさんによると

セリは、超がつくほどのポジティブシンキングで

思ったことは言わずにはいられない自己主張のしっかりした子、

らしいです。

うちにこもってしまうよりは断然いいのですがねぇ

あまりに激しすぎると考え物です。



多分、セリも コウメちゃん大好き な状態なのでしょう。

好きすぎて自分を制御できなくなってしまうのでしょう。

ただ、あまりにも激しすぎるため、父から

「もう…この子は外で飼おう…」

と言われてしまうほど。。



最初からお外で面倒見てる子ならいいのですが

ここまできて今更外に出すというのは私にはできません。



今まで、私と縁のあった子たちというのは

モモやコウメタイプの賢い子が多かったので

セリみたいなタイプは実は初めてで

私自身、どう扱ってよいのか分からないことも多くあります。



私はコウメのすべてに惚れ込んでいるので、

セリがコウメにがぶがぶしていたり押し倒したり

追い掛け回したりしているのを見ると

おとなげなくも無性にむかむかしてしまうのです。



子供の遊びだとか、遊びたいだけだとか

動物病院などでも言われるのですが

そう言われると余計

「小さい子優先に考えてるけど大切なのはコウメでしょうがっ」

と思ってしまうのです。


もはや、コウメとセリの相性がどうのこうのというよりは

私とセリの相性がもしかして…良くない????

これはコウメを巡っての私のただのヤキモチ?!?!?!



そんなぐるんぐるんな状態の中での

コウメのセリアレルギー発覚だったため

わたし的に限界な中、再びの里親探しを検討し始めたのでした。


続く…


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村


※現在は里親探しはしていません。

スポンサーサイト

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2012/04/01 19:09] | | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<今までのコト その五 | ホーム | 里親話が流れてから今までのコト その三>>
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/04/02 12:33] | #[ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
コメントいただきありがとうございます。

今回は私がセリの丸ごとを受け入れることができていないために起きてる問題のような気もしてます。

なぜなのかは自分でも分かりません。。。

私も本当は「あの頃は大変だったねー」と笑える日が来るのが理想です。

どっちにしろ今のままではセリに申し訳ないです。

応援していただき本当に感謝です。ありがとうございます。
[2012/04/02 17:48] URL | ヨモギ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://nekoyomogi.blog.fc2.com/tb.php/49-05376cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。