スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
今までのコト その七~初ケージ
   今までのコト その六 


コウメのセリアレルギーが発覚する前のことですが

セリのことで再びアニマルコミュニケーターさんに

相談させていただいてました。

そこで

セリがコウメを見ると大興奮して

「きゃーーー!コウメママ!大好き大好き離さないわよーーー!」

と熱烈なファンのようになってしまうのは

それまで一ヶ月間、接触をさせずに来てしまったことと

私がコウメを一番に考えてしまうあまり

セリとの接触を一日のうち数十分と限定していたため

その少ないふれあいの時間に情熱のすべてを注ぎ込んでしまうのかも、

ということから

ケージをリビングに置いてセリに入ってもらい

コウメとセリ、お互い「居る」ことに慣れてもらうところから始めては?

とアドバイスをいただき、一日のうち何時間かは

セリをケージに入れるという、ケージ作戦を始めたのでした。


2段ケージ

本当はもっと広いのが良かったのですが…


なんせ私は今までの人生でケージを買ったことがなく

ケージ使わない派でしたので

購入までにはかなり悩みました。

でももう和室で一人にさせたくなかったのと

その頃は、セリをうちの子にしようと張り切っていたので

「多分すぐに必要なくなると思うんだけどね~」

と、近くのホームセンターで買ってしまいましたが

今はネットでも買えるじゃあありませんか…。

どうせならもっと広いのを買えばよかったですよ…。



今まで10畳の和室を好きに使ってきたセリにとっても

狭いケージに入れられることは

かなり抵抗あったはずです。

が、にゃあにょあ鳴きながらも

ケージの中でセリはおもちゃで遊んだり

テレビをみたり、うとうとしたりしてて

思っていたよりもストレスは感じていない様子でした。

(セリはどこにいても鳴いてる子なので

 鳴かれることに慣れてしまっている私)



何より、セリをケージに入れると

コウメがほっとしたような表情になって

「ほぅほぅ、トイレですか」

「ほほぅ、水を飲んでいる」

とまるで動物園を見に来たみたいに

お座りしてセリを眺めていたりして

コウメにとっては良かったのかなー

と思いました。

セリも、ひとりぼっちで和室にいるよりは

行動が制限されながらもコウメの動きや匂いなどを

常に感じ取れるリビングにいることは

きっと幸せなはず…



思っていたものの

最初の頃は、セリをケージに入れると

コウメが何も飲まない食べない眠らない、

最終的にはリビングからいなくなってしまうという

予想外の状態がしばらく続きました。



こんなことして本当に意味あるのか、とか

やっぱり狭いとこに閉じ込めるのはよくないんじゃないか、とか

コウメが落ち着けないリビングなんて…とか

色々な葛藤があった中

セリとは和室で思いっきり遊ぶことで発散してもらい

コウメと私、ふたりきりの時間もしっかり設けたりしながら

だんだんお互い慣れてくれればいいなーと思っていました。



慣れてきてるのかどうかは不明ですが

最近、セリがいてもコウメが水を飲み

ごはんを食べ、ソファで眠れるようになってきています。



この調子で、セリがコウメとの距離のとり方を覚えてくれれば

狭いケージに入れておくことも

和室でひとりぼっちで過ごさせることも

なくなるのだけど…という淡い期待を抱きつつ。


2段ケージ②

最初は床にマットを敷いていましたが

いつも水をこぼすのでマットは敷かなくして

今はケージ用のペットボトルを利用した

水入れに変えました。

たまにコウメの気分が良いときは

この隣のキャットタワーに乗って

少しセリと遊んだりしています。


直接がっぷり組み合うようなことをせず

こうして同じ空間にいるだけなら

コウメのアレルギー症状もあまり出ません。

セリを自由にさせるとがっぷり行ってしまうので

私にとっては苦肉の策でした。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


棚板を壊してしまったので、また何か策を考えなければ。

いっそ新しいケージ買ってしまおうかしら。

スポンサーサイト

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2012/04/03 15:48] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<今までのコト その八~セリと動物病院 | ホーム | 今までのコト その六~使う?使わない?フラワーエッセンス>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://nekoyomogi.blog.fc2.com/tb.php/47-f3da56b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。