スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
トイレのニオイ









あけまして、もう7日が過ぎました

今年もどうぞよろしくお願いいたします





さて、新年一発目の話題がトイレですみません

CMで流れている、猫のトイレにふりまくだけで消臭できるという商品、どうしても疑問を感じてしまいます。

トイレのニオイがそんなに気になるのは、猫さんの健康に何か問題が起きているのでは?と思います。

人間も同じですが、排泄物のニオイは健康のバロメーター。

健康な時のニオイを把握しておくことが、病気の早期発見などにもつながります。

そもそも、健康であれば、排泄物はそんなに臭わないはず。
(人間も一緒ですよね?!)

こまめにトイレそうじをすることでも、ニオイはかなり気にならなくなります。

我が家では、できれば一週間に一回くらい、大変だったら一ヶ月に一回くらい、砂の全入れ替えをして、

その際にトイレそのものも水とたわしでざーっと洗うようにしています。

それだけでも、ほとんどにおいは気になりません

ニオイが気になるのは、やはり、使用後なのに気づかず、しっこの染み込んだカタマりを放置してしまったときです。

なので、

まずはマメにトイレそうじを!

香りでごまかすのではなく、根本的な解決を図りましょう。

猫さんたちは、化学物質の解毒が得意ではありません。

私たちの生活は既に化学物質にあふれているので、

できるだけ猫さんたちの体に負担をかけないように

猫さんが直接触れるものはできるだけ化学物質で汚染しないようにしたいものです

植物由来のものだから安心、と思っている方が多いのですが

ちなみに、アロマテラピーで使用される精油も、化学物質なのです。

猫さんも私たちも、お互い健康でいるために

まずは猫の肉体的特徴、ヒトとの決定的な違いなどを正しく理解しておくことが大切ですね



コウメ、セリ、マナ、みんな元気です!
スポンサーサイト
[2015/01/08 20:21] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。