スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
セリとマナの近況
私の膝に足をのっけてけづくろいするマナちゃん。

DSC04224.jpg
DSC04225.jpg
DSC04226.jpg
DSC04227.jpg

なんか偉そう・・・。



セリちゃんとマナちゃん。

DSC04229.jpg
DSC04231.jpg
DSC04232.jpg

もはや職人芸の域に達しているセリちゃんの写真映りのお顔。

常にこの顔ができるってある意味すごい。

え?ていうかもしかして私嫌われてる・・・?

でもいいです。

近づいてきてるこの姿が見れれば。

DSC04235.jpg

DSC04234.jpg

DSC04237.jpg



タイトル「解脱」
DSC04239.jpg


一体どこを、そしてなにを見つめているのでしょうか。。。



セリちゃんとマナちゃんは

DSC04271.jpg


追いかけっこして遊んだり

近くで眠ったりしながら

仲良くなっていっています(^-^)

部屋の電気を消してから、遊び心に火がつくようで

夜中の2時3時頃がバタバタ追いかけっこのピークです(^^;

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2013/09/22 21:27] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
あまあまタイム
あまちゃん、見てますか?

私は毎日録画して寝る前に見るのが日課です。

もうすぐ終わってしまうのがさみしいです。

さて、あまタイムといってもあまちゃんを見る時間のことではありません。

それは、マナちゃんをフリーにして二日後くらいのこと、

私がリビングの床で眠りこけてしまった夜から始まりました・・・。

時間はきっかり午前3時。

突然、ぐるぐるぐるぐる・・・という喉を鳴らす音ともに

私の顔、腕、腹、尻、足にすりすり顔をこすりつけ

ざりざりと舐めてくる子猫が一匹・・・

名づけて・・・

マナちゃんの甘甘タイム!

ひたすら甘えるだけ、という時間が

ケージから出して遊んでいる頃から

マナちゃんには定期的に訪れていて

その時間がけっこう長めでして。

ちょこっと甘えてまた遊ぶ、とかではなく

20分から30分くらい、ひたすら

ゴロゴロ言いながら私の手に顔をスリスリし続ける

という時間なのですよ。

それがどうやら午前3時には必ず行う、とインプットされてしまった・・・のか?!

と心配したものの、午前三時の甘甘タイムは三日ほどでおさまり、

その後は寝ているところを起こされることもなく

夕飯のときや、テレビを見ているとき、PCをしている時などなど

私がじっとしているときを見計らって

膝に乗ってきたりするようになってきました。

おねえちゃんたちとも打ち解けてきて、

仲良く三人で遊んだりもできるようになってきたので

私一人に対して甘える必要もなくなってきたのでしょう。

ちょっとさみしく、かなりうれしい。


「ちょいちょい」
DSC04208.jpg

DSC04209.jpg

「何してるの?」
DSC04210.jpg


半目で眠るマナちゃん。
DSC04214.jpg


足の間に挟まってへそ天で眠るマナちゃん。
DSC04215.jpg


DSC04216.jpg


「はい!その答えは~ですね・・・むにゃむにゃ・・」
DSC04218.jpg


マナちゃんの、まるでおもちゃのようなピンクの肉球。
DSC04219.jpg



おねえちゃんたちは今回バナーにて!

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村


※写真たくさん撮りすぎて、整理ができていません(^^;

台風が近づいてますね。

みなさま、お気をつけてお過ごしくださいね。

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2013/09/15 23:20] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
縮まる距離
DSC04206.jpg

おねえちゃんたちの真似をして、窓からお外を見るマナちゃん。

もうこんな高いとこまで登れるようになったの?

と、ひしひしと成長を感じております。

さて、心配していたセリちゃんのハンストですが、

その後落ち着き、マナちゃんと同じ空間でも

食べてくれるようになってきております。

うれしい(*´∀`*)

日に日に距離が縮まって、今日なんて

食事の準備のワラワラに紛れて

セリちゃんのあごしたにマナちゃんが入り込むというハプニングまで!

あまりに突然のことにセリちゃん最初は

「シャー!」を言うのを忘れてしまったようでした(^_^;)

慌ててシャー!して、逃げてしまいましたが

こうやって少しずつ、一緒にいることが当たり前になればいいな、と思います。

DSC04177.jpg


DSC04179.jpg

サビ猫セリちゃんは丸まるとどこがお顔か分からないですねぇ・・・。

実はこのベッド、三段になっているんですよ。

DSC04205.jpg

いつか、一段ずつに一猫ずつがおさまるような姿が見られたらいいな♪


そして、コウメちゃんとマナちゃんですが・・・


じゃん
DSC04202.jpg


じゃんじゃん
DSC04203.jpg


じゃーーーん!
DSC04204.jpg


わ、私のベッドで寝ています(*^_^*)

まだ若干距離はあるものの、寒くなったらこれも縮まるんでないかしら・・・ムフ。

マナちゃんは今、水遊びにハマっていて、

私がキッチンに立っていると必ず遊びに来るのですが

濡れてしまったマナちゃんをコウメちゃんは舐めてあげたりしています。

本当に面倒見のいいお姉さんです(*^_^*)

DSC04196.jpg
「うふん」


DSC04197.jpg

もはもはの腹毛がたまらないコウメちゃん(*´`)



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2013/09/10 22:26] | | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
セリちゃんのハンスト
マナちゃんをフリーにして数日後、セリちゃんのハンストが始まりましたΣ(゚д゚lll)

マナちゃんはセリちゃんを見ると追いかけずにはいられないらしく

セリちゃんはすっかりビクビクモードに。

DSC04180.jpg
「あの子がいるところでは食べません。」


困りました。。

マナちゃんはセリちゃんのことが大好きっぽいだけなのですが。。

とりあえず、私の部屋で個別にセリちゃんのお食事タイムをとることに。

しかし、ドアのほうを絶えず気にして

あまり食事に集中できない様子。

そして途中で必ずコウメちゃんがカリカリとドアをこすって

「何してるの?」と確認に来ます。

「セリちゃんごはん食べてるんだよ。コウメちゃんも入る?」と聞くと

コウメちゃんはマナちゃんのほうを気にする素振りを見せたりします。

コウメちゃんはマナちゃんの面倒をよく見てくれてるのです。

今まではコウメちゃんに対してはそんなに怒りを見せることはなかった

セリちゃんですが、怒りの沸点が低くなっているようで

部屋に入ってきたコウメちゃんにも唸る始末。。

でもね、セリちゃん・・・

アナタもコウメちゃんのこと、追い掛け回してたの覚えてないのん?(^^;

しかもコウメちゃんがトイレしてようがご飯食べてようが寝てようが

お構いなしに乗っかっていくようなことしてたでしょ?(^^;

それに比べたらマナちゃんはセリちゃんを見ると追い掛けるだけで

トイレ邪魔したりはしてないみたいなのですが・・・。

自分の過去のことはどうもすっかり忘れている様子のセリちゃん。

DSC04187.jpg
「やなもんはやなんでしゅ。」


DSC04174.jpg
「でもママが新しい隠れ家買ってくれたからまあ良しとしますでしゅ。」


活用してくれてます(^-^)

少しずつですが、ドアをあけておいても完食してくれるようになってきました。

セリちゃんは時間をかけて仲良くなるタイプなのでしょう。

あせって縮まる距離ではないですし

誰かと比べるものでもないですし

抱っこ大好きなセリちゃんを抱っこして

ちゅっちゅしてぎゅうぎゅうして

マナちゃんがいてもママの愛は変わらないのよ、と伝える毎日です。

いや、変わらないどころか、不思議なもので

今まで以上にかわいくて仕方なくなってるんです。

セリちゃんやコウメちゃんのことが。

猫数が増えて、愛情が分割されるわけではなくて

むしろ3倍になってそれぞれに向かっている、そんな感じです。

DSC04172.jpg

マナちゃんはもうすっかり我が家の子。

DSC04162.jpg

主にコウメちゃんによって削られたソファにて

なにやらセクシーなポーズを決めるマナちゃん。


DSC04175.jpg

丸めたおふとんで丸くなるコウメちゃん。


DSC04176.jpg

安定のかわいさ美しさ。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


親バカ記事で失礼しました(^^;

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2013/09/08 22:35] | | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
マナちゃんのごはん
食事の準備が整うのが我慢できなかったふたり。

DSC04150.jpg

仲良くばくばく。


DSC04151.jpg
コ「あらこんなところにお肉が落ちてるわ。」  マ「落ちてません食べてます。」



マナちゃんは最初、お肉類には見向きもしませんでした。

猫の味覚は大体離乳の頃に決まると考えられていて

その時期に食べ慣れたものを、終生好んで食べるようになるそうです。

おそらく、マナちゃんは離乳してから、主にカリカリと人間の食べるものを

食べてきたのではないかなと推測されます。

マナちゃんを保護した最初の晩、我が家のお嬢ちゃまたちの夕飯は

茹でた砂肝だったため、マナちゃんにもあげてみましたが全く食べず。

砂肝を前にしてにゃあああんにゃああああん、とお腹すいたアピールを繰り返しました。

そこで、非常食用のパウチをあげてみたところ、すごい食いつきでした。

ケージに入れてからは、夜中お腹がすいたときのために・・・と

カリカリをちょこっと入れておきましたが、それも夜中のうちに食べていたようでした。

そしてフリーになってからは、私の食べていたパン、父の残した焼肉弁当の残り、おにぎり、、、

そういったものに激しく興味を示し、もらえるまで食い下がる姿を見たときに

「お外ではこういうものを食べて生き延びてきたのだろうな~」

とホロリときました。

そして、今までそうやって、マナちゃんの命をつないできてくれた

見知らぬ誰かたちに、感謝せずにはいられませんでした。

もちろん、パンやおにぎりなどの穀類は肉食である猫には不向きというのは承知してますが

どんなものであっても、一瞬でもお腹が満たされた状態は、

こんな小さな子が空腹でいるよりはマシだったのではないかなと思いました。

それでも、うちの子になった以上は、お肉を食べられるようになってもらわなくては、と

最初は生の鶏肉をほんのヒトカケ、パウチに混ぜることから始めました。

マナちゃんは見事完食してくれたため、だんだんとお肉の量を増やしていきました。

まだ一週間しか経っていませんが、今はめでたく、ほぼ9割お肉でも

ばくばくと食べてくれるようになりました!

今は食べられるお肉の種類を増やしていっているところです。

鶏肉は大好き、馬肉も大好き、カモも大好き、ベニソンはちょっと探り探り・・・


我が家では猫たちのお肉はこちらの二つのサイトから買うことが多いです。

POCHI
玄ミート

鶏肉とかは近所のスーパーとかで買っちゃうことも多いです。

そのときは24時間冷凍して、常温で自然解凍させてから猫たちに出してます。

寄生虫が24時間冷凍することで死ぬんだとか。。。

お野菜はほんのちょこっと。

カルシウムも大切なのですが、コウメちゃんが骨が苦手のようで

我が家ではサプリを使ってます。

骨が平気な子は骨ごとミンチみたいなものがいいらしいです。

たまにはお魚もいいですよね~。

お魚を食べない子には魚油のサプリをあげたりするといいとか。。

我が家でも買ってはあるのですが、まだ使ったことがありません。

使うタイミングを計っているところです(^^;


マナちゃんが食事の移行にすんなり成功したのは

マナちゃんがまだ幼く適応する力があったことが大きいかもしれません。

本当にカリカリしか食べてこなくて大人になってしまった猫さんの

食事の移行はどうやら難しいらしいのですが

それでも成功している方もたくさんいますので

根気よく続けていくことが大事なのかなと思います。


そんな猫の食事について興味をもたれた方は

10月から、猫の食育マイスター講座 が始まります。

例えば、猫さんに多い下部尿路疾患を、毎日の食事で予防することができるとしたら・・・

猫さんにも飼い主さんにも通院の負担がなく、猫さんが健康に天寿を全うすることができたら・・・

たくさんの方に、このことを知ってほしいと思いました。

福岡校も開講する予定とのことですので

興味をもたれた方はぜひぜひ問い合わせしてみてくださいね!


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村




テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

[2013/09/04 21:45] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
名前の由来
あらコウメちゃん、クッションがいい枕になっててよかったわね~
DSC04147.jpg

ん?枕?

DSC04148.jpg

このクッションの下には実はせりちゃんがもぐりこんでいました。

クッションの下から伸びたせりちゃんのかわいい前足がお分かりになるでしょうか?

分かりづらいですね~。

DSC04149.jpg


そこへ小悪魔登場。


このあと、マナちゃんがセリちゃんの前足に飛びつき、セリちゃん激怒。

うなるセリちゃんの声にコウメちゃんも目を覚まし、

そして二人の様子をじっと見守っていたのでした。

どうもコウメちゃんは6割方見守って、4割方教育をしてくれているようです。

セリちゃんは・・・8割方逃げ回っていて、2割怒っているような感じですかね。。

じっくり時間をかけましょう。うん。


さて、マナちゃんの名前ですが

第一候補は「葵ちゃん」でした。

お花関係の名前がいいな~夏に花を咲かせる花がいいな~と

ちょっと調べたところ、葵があり、

この子をパッと見たときに感じた感覚が

「葵」という高貴な感じにぴったりだったためです。

そこで父に「葵ちゃんてどうかな~。」と言ったところ

遠い目をして

「そんな名前の女の子が昔キャバレーにいたっけな~・・・。」

もうツッコミどころが満載でどこから突っ込んでいいやら・・なご返答。

兄に「どうかな~」と言ってみたところ

「あおいちゃん?そらちゃん?蒼井そらちゃん?」

・・・・・・・。

蒼井そらちゃんはセクシー女優さんでしたっけね、ええ、ええ、いましたねえ。

まったく我が家の男性たちときたら・・・なお答えだったため

ほかにないかな~と色々調べまくりましたよ。

我が家の女の子たちは桃、梅、芹と食べられる植物シリーズで決めてきていたため

やっぱり実のなる植物がいいかな、出会った8月に花が咲く植物がいいかな、

と調べていたところ、ハマナスに行き当たりました。

ハマナスの実はローズヒップなんだそうです。

よくお茶になっているアレですね。

ビタミンCがたっぷりのやつです。

うんうん、ローズヒップいいじゃない、よし、ハマナスからいただこう!

でもナスちゃん、じゃあちょっとナンだったので、間をとって

マナちゃん

に決定しました。

名前マナちゃんに決まったよーと友人にメールしたところ

ハワイ好きの友人から「マナはハワイ語でパワーを意味する言葉だよー」という

うれしいお返事が。

そこで「マナ」について調べてみたら、本当にとってもいい意味を持っていたので

我が家の子になってくれたお礼のプレゼントとして「マナ」という名前は最高だな、と

自画自賛??の毎日です(#^.^#)

でもいまだにお外で呼んでいた名残で

「ミケちゃん」とか呼んじゃうこともあるんですけどね。。

マナちゃんもまだ自分の名前を「マナ」と認識してないようなので

お互いこれから慣れていく、ってことですね。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村







[2013/09/03 19:31] | | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
マナちゃんとのなれそめ
なにやらアクロバティックな格好で眠るマナちゃん。

DSC04143.jpg


DSC04145.jpg


驚異的なバランス・・・。


初めてこの子を見たのは8月13日でした。

家の近所の駐車場から、歩いている私の前にぱっと出てきたのでした。

夜だったので子猫ということくらいしか分かりませんでしたが、

あらどこの子?あら三毛猫?とじっと見つめたらそこから家までついてきてしまったのでした。

でも、その時は家に入れようとかは考えられず

この子もしばらくしたらどこかへ行ってしまいました。

駐車場には大きな猫と一緒にいたので、親子かな?と思ってました。

しかし、それから何度となく家の近所で見かけるようになり、

最初こそ大人の猫と一緒だったものの、二回目以降はいつ見ても一人・・・。

そばに行けば寄ってくるし、くてんと地面に横になってお腹見せるし

スリスリゴロゴロ言ってるし・・・

もうかわいくなってしまって、気になって気になって仕方なくなって、

まるで恋をしているかのように、「あの子どうしてるかな・・・」と

いつも考えるようになってしまったんです。

で、コウメちゃんセリちゃんに相談です。

「こんな子いるんだけど、妹にどうかな~?」

「子猫ちゃん、家に来たら、かわいがってくれるかな~?」

「どうかなどうかな~」

などとお話をして、一応お迎え入れの準備として

和室に、セリちゃんがかつてちょこっとの間使っていたケージを設置し

キャリーケースを持ってこの子を探し始めたのが先週月曜日の26日。

25日にお会いしたある方から

「縁のある子は自分から寄ってくる」

というお話を聞いたのが決意を固める決め手でした。

で、26日、この子がよくいたその駐車場の持ち主の方とお話をして、

「ここによくいる三毛の子猫、飼ってますか?」と確認してみたところ

「夜になるとエサあげに来る人がいるだけでうちで飼ってるわけじゃない。」

というお返事だったので、うちで引き取りたいとお話したら

「そうしてあげて。」と満面の笑みをいただけたので一安心。

しかし、その日はどこを探しても見つけることができず、、

事故にでも遭ったんじゃ・・・
保健所に連れていかれたんじゃ・・・
いやいや人懐こい子だから誰か優しい人が連れ帰ってくれたんじゃないか・・・

などと考え、どうして今まで二週間も放っておいてしまったのか

激しく後悔し、もし次に会うことができたらその時は

抱っこして絶対離さないのに、、という思いと

もう二度と会えないかもしれない・・・という思いで、沈みながらも迎えた火曜日、

夕方、なんと家の前にいるではありませんか!!!

このチャンスは逃すまい!!!と早速抱き上げてキャリーケースに入れようとしたら

さすがに暴れて軽くパニック状態に・・・。

焦りすぎたわ、と反省し、ひとまず諦めました。

怖い思いをさせてしまったからしばらく近づいてこないかもしれない・・・

としょぼくれてましたが、キャリーケースを車にしまって家にもどってきたら

なんとまだいてくれるではありませんか!

とりあえずごはんをあげてみたらばくばく手から直接食べてくれましたが

ここは慌てず、幸い食べ終わっても家の庭にいてくれたので、ちょっと様子を見ることに。

しかしどうしても気になってしまい、23時頃外に出てみたら庭にはおらず

いつもの駐車場に行ってみたらぽつんと一人でいたので、

近づいていったらまた寄ってきてくれて、スリスリゴロゴロ・・・。

こんなに人懐こいんだから実は誰かに飼われているのかもしれない、

とは思ったものの、こんな小さな子、こんな人懐こい子を

夜一人でお外に出しておいて平気なおうちよりは

私の家にいたほうがまだマシだろう、と思ったんです。

人間のゴーマンかな、とも思いつつ・・・。

しばらくなでなでしつつ「うち来る?」と言ったら

足にまとわりつきながらついてきてくれて

家の前でもう一度「うちの子になってくれる?」と聞いて抱き上げたら

もう暴れたりしなかったので、そのまま家の中へ!

で、この写真の通りとなりました。

DSC04128.jpg


ちなみにですね、せりちゃんが使っていたときは

付属の棚板があったのですが、

うんぴがついてしまったりしてたので

洗って、、、と思っていたのですが

どうせもう使わないか、とそのまま捨ててしまったようで

家中どこを探してもなくて、注文すると届くのが4日後とかだったので

そんなに待てない、と100均で色々買って間に合わせてみました。。

100均のプラケースを100均のロープで吊り下げ、

100均の結束バンドで固定し、100均のクッションを敷き

二階に置いておいた低めのキャットタワーを置き

トイレは大きめのタッパーで代用しました。


翌水曜日28日に病院へ連れていったところ

エイズと白血病は陰性、耳も口もきれい、ノミがいるだけ、とのことだったので

ノミ取りをしてもらい、念のためということで寄生虫のお薬を出され

「最低でも一週間は隔離してください」

と言われたのですが、、、

だってノミはもう落ちてるでしょ?

伝染病持ってないでしょ?

泣いてるでしょ?

・・・。

せりちゃんの時にかなり長い間隔離生活をしてしまい

さみしい思いをさせてしまったことを後悔していたので

今回はなるべく早くみんなと合流させたかったのです。

それでも4日は待ちました。

一日家にいて様子を見れる土曜日、31日にマナちゃん晴れてフリーに。

コウメちゃんもせりちゃんも、シャーシャー言って怒ってますが、

マナちゃんは心が強い子らしく、また、子猫らしく、

コウメちゃんを物陰から驚かして怒らせたり

せりちゃんを追い掛け回して怒らせたりしつつ

おもちゃで遊んだりいろんなところを見て探検したりしてます。

少しずつ少しずつ、仲良くなってくれたらいいな、と思ってます。


DSC04131.jpg


DSC04087.jpg


コウメちゃんもせりちゃんも怒りつつもほとんどいつも通り。

多分「シャー」は教育なのでしょう。

猫のことは猫同士で、、ということで、ある程度お任せしています。


長くなってしまいました。

次回は名前の由来をお話したいと思います。


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村

テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2013/09/02 00:54] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。