スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
抗生物質と下痢
かなり間があいてしまいました。

コウメもセリも元気です。

さて、セリの手術の記事ではサラッと書いてしまった

術後の抗生物質によるものと思われる下痢についてちょこっと。

術後4日目にして、朝からゆるい便だったものの

夜になったらそれはそれは大変な下痢になってしまいました。

うんぴはトイレに留まらず、

「どうしたらこんなとこにうんぴが付くの…?」

「ゆるいうんぴを出しながら走り回ったの…?」

と思えるほど、床にも壁にもそこら中にうんぴが撒き散らされている状態でした。

もともとセリはおなかがゆるくなりやすい体質のようです。

あと、粗相とまではいかないのですが、うんぴがトイレから

はみ出ていることも結構あったりして。

今は亡き犬のモモちゃんも、晩年はうんぴをしながら歩きまわり

更にそれを踏んづけて被害が拡大するということはよくあったので

散らかったセリのうんぴを片付けながら、どこか懐かしさを感じていました(ホロリ)

コウメはどちらかというと便秘体質なので

モモちゃんが亡くなってからは、こういったことは一切なくなっていたため

懐かしさひとしおでしたわ。。

セリは元気そうに走り回っていたので

下痢は抗生物質のせいだろうなーとうすうす思いつつ

次の日の朝に病院へ。

(ぐったりして食欲がなくなってたらすぐ病院へ連絡したほうがよいです)

病院ではやはり抗生物質のせいだろうということで

下痢止めのお薬2種類と、ヒルズのW/Dの試供品をもらいました。

病院に行った日の昼間はうんぴを出さなかったので

お薬も様子を見ていたのですが

夜になったらまた下痢だったので、夕飯にお薬を混ぜました。

ヒルズの処方食も、今までだったら絶対にあげてなかったのですが

試供品一袋分だけ、あげみました。

「処方食」「療法食」というのは、原材料が粗悪な場合が多く

長期的に与えるのは躊躇しますが、一日だけ、とか

一食だけ、とかならもう問題ナシ、とみなすことにしました(^^;

むーだけど一応原材料チェック…

一番最初に「米」って書いてあるけどこの米は私たちが普段食べているような「米」ではなくてきっとカビ米とかとにかく人間用としては流通させられないような米がきっと使われてるはずで…

とカオスにハマリこんでしまう悪いクセが出てしまうので

原材料チェックもほどほどにしてやめました。

フードのニオイはいいニオイでしたよ。


よく、フードには、うんぴをカタチづくるための成分が

入っていると聞いていました。

何のためかってソレは「人間が片付けやすくするため」以外の

なにものでもありません。

お外で生活していた頃は不要だったのでしょうが

人間と一緒に室内で暮らすようになったがために、

人間の片付けの楽さのために犬や猫のうんぴに手を加える(?)なんて!

と、長いこと思ってきていたのですが、

ゆるいうんぴしながら走り回るセリのような子と暮らしてみて

「あー…うん、そういうものもあってもいいかもね…」(白目)

と思い始めている私でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村「コウメは便秘体質だから下痢止めなんか飲んだことないわよー」


でも、カタチはちゃんとしててもニオイが下痢っぽいニオイだったりすると

下痢としてドバーッと出せたらすっきりするのかもな~などと思ったりもして

それはそれでやっぱり不自然なものも感じてしまうのでした。



いずれにせよ、うんぴやおしっこの色、ニオイ、量、形状などは

体の状態を知る貴重な手がかりなので

こまめにチェックチェックな日々なのでした

スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

[2012/06/29 20:26] | | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
大往生したけりゃ医療と関わるな
今日はおすすめの本のお話を。。

巷で話題になっているのでご存知の方も多いかとは思いますが




老人ホームの常勤医師として、近年稀な

「医療が関わらない自然死」を

数多く看取られてきた中村仁一先生の本です。

私が買った本には帯がついていたのですが

そこに書かれていた文章は

『死ぬのは「がん」に限る。ただし、治療はせずに。』

というものでした。

がんというと強烈な痛みに苦しみ、モルヒネなどの麻薬も

最終的には効かなくなったりする、という話もありますが

この痛みはがんによるものではなく

治療によるものだ、と中村先生はおっしゃいます。

中村先生が看取った患者さんで、苦しんだり痛みを訴えたりした方は

ほとんどゼロ、たったお一人だけ、がんが急速に大きくなったため

皮膚がひっぱられて痛みを訴えたかたがいたのみ、というのです。



最も自然な死に方は「餓死」だそうです。

死が近づいてくると、自然と体は何も欲さなくなり

変わりに脳内には苦痛を和らげる物質が分泌されるようになるので

苦しむことなく逝けるのだそうです。

飲まず食わずになって大体一週間から十日くらい。

その時期に、チューブや点滴で強制的に栄養を補給してしまうと

苦しみを伴う死になってしまうのだとか。。

おっと、あんまり書いてしまうとネタバレになってしまいますね。

興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。


中村先生の本は人間向け。

ですが、よく似た内容の動物に関する本を

以前読んだことがありました。


【送料無料】動物力

【送料無料】動物力
価格:2,100円(税込、送料別)




大阪の獣医さんが書かれているのですが

大阪に住む友人から、この獣医さんの自費出版の本を

プレゼントしてもらったことがあり

とってもためになったので、こちらも買ってみました。

猫や犬と暮らしている方にはこの本はおススメです。

ヒトもイヌもネコも、多分同じですね。

医療に依存しすぎない、ということなのだと思います。


「動物力」もう一度読み直してみようかなー。


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

[2012/06/15 17:35] | | トラックバック:(0) | page top↑
新しい発見…というか発覚?
※今回のブログはヨモギのヒトリゴト風となっております。




セリも6ヶ月か~早いような短いような…

あ~あ、またコウメに怒られてるよ…

懲りない子だよねー

…それにしてもおかしいよねぇ?

セリとコウメが遊ぶ?ようになってからもう4ヶ月でしょう?

こんなに毎日毎日叱られてるのになんでコウメの嫌がることやめないんだろう?

私の叱りはセリにとって応援と勘違いされてるフシもあるかもしれないけど

それにしたってコウメにはちゃんと猫語で叱られてるんだろうから

いくら覚えが遅いって言ったってそろそろ覚えていい頃だよねぇ…

あんなに怒られて…怒られるのイヤじゃないのかなぁ…

ん?



ちょっと待てよ??





怒られるの…イヤじゃない…






むしろ?怒られて…喜んでる…?







あれ???








もしかして…










セリって










ドM?????















きゃああああああああああああああああああ!

そうよそうだわそうに違いないっ!!!

そう考えるとすべて辻褄があう!

いや~おかしいとは思ってたんだよねー

怒られたくなかったら怒られたことはしなくなるものね

ヒトからネコにだったら伝わらないことでもネコ同士の話なんだもんねぇ

セリってばそういえば目薬さされてもゴロゴロ言っちゃう子だった…

あの頃から片鱗は見えてたのね…



えー…と、そう考えると




コウメは…









そりゃあもちろん











ドSだよねーーーーーー










ドSとドMで案外相性いいんじゃないの?あのふたり…


なんつったらまたコウメちゃんに怒られるな…





うーん、じゃあセリがコウメの背中に乗っかってくのも

あえて怒られるためで

一見コウメを追いかけてるように見えるのも

「女王さま!あたしを叱って!ねえ!もっと強く叱って!」

とか言いながら追いかけてるのかな…

そしてコウメの「んぎゃぎゃぎゃぎゃ!」とか「ヴーーーー」とかも

実は

「うるさいこのメスブタがあ!」「近寄るんじゃないよこのド変態!」

とか言って、セリを喜ばせていたのかなぁ…







そもそもSは「サービス」のSという説があるじゃないか

一見Sがリードしているように見えて実は

MがしてほしいことをしてあげているのがSという…

だからドMの素質がないとドSにはなれないとかって話も…

するとコウメの本質はドえm…











いやいや、もうこのへんでやめておこう…


私ももちろんコウメ女王さまにお仕えする下僕の身…


コウメちゃんてば、奴隷を二人も従えて


苦労するわねーーーー^^







開いた手がかわいい
ひらいた手がかわいい女王さま☆






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
けだるい女王さまにぽちを☆






※お付き合いいただきありがとうございました。。。



テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2012/06/14 00:05] | | page top↑
抜糸終了
セリの抜糸も無事済みました。

おなかを舐めているのを見つけると「やめよ?」と言ってたので

私が見ているところでは舐めなかったのですが

私が見てないとこでしっかり舐めてたみたいで

糸はほとんど自分で取っちゃってたみたいです;

でも傷跡は非常にきれいでもうどこを切ったのか分からないくらいです。


あしまくらセリも6ヶ月になりました。

私の太い足を枕にして寝ていたのですが

やっぱりカメラを向けると目を覚ます…。


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村


定位置なマッサージチェアで眠るコウメ。

マッサージチェアがお好き

写真のぶれは私の心の乱れを表しているのか…

ろくな写真が撮れやしない。。。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

[2012/06/11 17:39] | | page top↑
コウメの反応
6月6日は梅の日なんだそうですね。

一日遅れですがコウメのお話をば。

セリが入院した日は一日中こんこんとひたすら眠り続けていました。

夕飯の時間になっても起きてこず(すごく珍しいことなのです)

22時頃やっと出てきてご飯をたべたかと思ったら

セリのベッドなどのニオイをかぎまくり

セリのマットの上で香箱座りをしてうつらうつらして

その後もひたすら私のベッドで眠り続けていたのでした。

入院する前までは、だんだんとコウメはセリに

「シャー!」を言わなくなってきてたので

あらら、もしかしてセリがいなくて寂しいのかな?

なんて思ったりもしました。


セリを迎えに行くときもぐーぐー眠っていましたし

私が帰ってからも起きてこなかったので

(すごく珍しいことなのです。いつもは玄関で必ず待っててくれるので)

そーっとコウメを起こさないようにセリをキャリーから出して

少しした頃、コウメが目覚めたのですが…

セリを一目見るやいなや

全身の毛が逆立ち尻尾がふくらみ

今まで見たことないくらい大きくなっていました(^^;

鼻を近づけてうれしそうに挨拶するセリに戸惑い

家の中を歩きまわるセリのお尻のニオイを嗅ぎ続け

セリと目が合うとぶわーっとふくらむ…という日が

三日ほど続きました。。

私は思いました。

もしかしてコウメちゃん、

はつじょおってなに?


↑↑↑この子はもういなくなって

新しく


術後服

この子が来た


って思ってる…?


セリの服が脱げてしまうまでの4日間、

セリが自由に歩き回っている時間帯は

一切リビングに出てこず

おなかが空いた頃に二階から降りてきても

セリを一目見ると脱兎のごとく二階に戻ってしまうので

ほとほと困り果てました。

セリが和室で寝入ってからが

コウメがゆっくりできる時間になっていました。


4日目にセリが服を脱いでからは若干態度が和らぎ

二階から降りてこない、ということはなくなったのですが

それでも警戒しているらしく

セリを見ると「シャー!」「ヴーーーー…」と

常に怒っております…。


それでも、

「セリちゃんはおなか切ったからね、傷になってるから。

 今までみたいにがぶがぶしてるときに

 おなか蹴り蹴りはしないでね。」

と最初に一言言っただけで

セリがいくらコウメの首に噛み付いて

あそびを仕掛けてこようとも

コウメは絶対にセリに「蹴り蹴り」をしませんでした。


…なんて賢い子!!!!!!

いじらしい!!!!


それをいいことにセリはコウメにちょっかい出しまくりなので

コウメが怒るのも無理はないのですが

「あんまり怒ると美容に悪いよ?」

と言うと、ぴたっと唸るのをやめるという

コウメは本当に本当に賢い子なのです(*^^*)←親ばか

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村


むにゃむにゃこうめ
「コウメくらいになるとね、ヒトの言葉も分かるのよ…むにゃむにゃ…」


今日もセリに追いかけまわされたコウメちゃん。。

お疲れさまでした。。。


テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

[2012/06/07 23:58] | | トラックバック:(0) | コメント:(6) | page top↑
退院後のセリ
退院後すぐのセリ。


術後すぐ3
「にゃんでしゅか…」



術後すぐ2
「寝てるんでしゅけどにぇ…」



術後すぐ
「しょんなにセリと遊びたいでしゅか…仕方ないでしゅね…」



よく眠っていたので寝姿を撮ろうとしたのですが

こうしてことごとく目を覚ましてしまいます。

申し訳ないのでしばらく撮影はやめにしました。

休養がイチバンですからね。

帰宅後二日間ほどは、こんな感じでくったりして静かでした。

三日目に、服を着替えたらば、四日目の朝、きれいに脱いでいて

少し傷口の糸をかじってしまっていたのと

下痢をしたため、病院へ連れていってみました。

傷口はほぼ塞がっているということで

糸のほうはそのままでも問題なく。

ただ、これ以上糸を抜かないようにとエリザベスカラーをされてしまいました。

下痢は抗生物質のせいだろうから、と

抗生物質をやめて、下痢止めを処方していただいたのですが

お代はとられませんでした。

「良心的」というのはこういうことか!と

初めて思いましたョ(^^;

ただ、エリザベスカラーも、あまりストレスになるようなら

様子見ながらしなくてもかまわないとのことで

帰宅後カラーをしてみたのですが

セリにはかなりストレスになりそうな感じだったので

それ以降、していません。

今はまだ抜糸は済んでいないのですが

裸?で生活しております…。

その後、糸を噛みちぎることもないので、まあいいか、と…。



セリはやはり発情中の状態だったらしく

発情してない場合よりは少し傷口が大きくなった、

と言うお話を聞いていたのですが、

傷口は1,5~2センチ…まではいかない1,8センチくらい??

(目測ですが・・・)

思ったよりは全然小さかったので安心しました。

今は、手術前と変わらぬ元気さで、日々コウメを追い掛け回しています…。


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村


猫の回復力ってすごいですね!

ニンゲンが同じようにおなかを切って

手術をしたら、とても一泊で帰ってはこれないでしょうし

一週間も経たないうちに走り回るなんて、考えられないでしょう。

いやはや、すごいです。

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

[2012/06/04 22:50] | | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
セリ 避妊手術無事終了
ご無沙汰いたしております。

 わたくし、何年ぶり?!というほどの

ひどい大風邪をひいてしまいまして

数年ぶりに寝込んでおりました。

熱が出たり咳が出たりで辛かったですが

今はほとんど回復しました。

涼しかったり暑かったりと気温の差が激しいですからね。

皆様もお気をつけくださいませね。。


さてさて、セリの手術ですが、おかげさまで無事に済みました。

手術予定の前日もうんうん唸って寝込んでいた私。

「明日行けるかな…」と何度も思いました。

セリを連れていくことはできても

その後看病などを考えると

私の体調は決して万全ではありませんでしたから。

でも、手術を受けるのはセリ。

そして、セリは元気。

ということで、行かねばなるまいと気力を振り絞り

マスクをしてげほげほ咳をしながらセリを預けました。

きっとなんとかなるだろうと思いました。

病院について

キャリーケースから出すなり、ネットに入れられてしまって

セリも私もちょっとびっくりしましたが(^^;

一泊お泊りののち、傷跡を舐めないよう服を着せられて

無事に帰ってまいりましたよ。


帰って最初にしたことは

お手入れ1
なめなめ…

お手入れ2
なめなめ…

お手入れ3
なめなめなめ…


そう、体のお手入れです。

切ってすぐこんなに体折って痛くないのかな?



タオルで作ってくれたお洋服ですが

術後服

帰宅後すぐだというのに既にボロボロ…。

そしてセリのこの表情……。


服は着替え分も2着、作っていただいてあるのです。

だから大丈夫!!…のハズ…。


服を着たセリを見たコウメは

脱兎のごとく二階に逃げていきました…。

まあ、三日もすれば見慣れてくれるでしょう…多分…。


とりあえずはおかえりとお疲れ様。。


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

[2012/06/02 23:25] | | トラックバック:(0) | コメント:(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。